精肉店の量り売りと
ステーキ肉に免疫のない主婦が
サーロインを買うまでのお話
第四話


■前回までの話はこちら■
高級肉を買うのにめちゃくちゃ悩んだお話1
高級肉を買うのにめちゃくちゃ悩んだお話2
高級肉を買うのにめちゃくちゃ悩んだお話3




ちょっと店員さんの
「大体〇グラムですかね~」
みたいなコメントが欲しかったんだけど

客の問いに適当に答えることのない
店員さんが、正しい。


サーロイン買う!と決めたのに
牛モモステーキに目移りして
ここにきてまだ迷う優柔不断さ…



明日で最後です!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

他の記事も、良かったら。

ペーパードライバーvsセルフスタンド1


長年カップルのバレンタインはこんな感じ



twitterやLINE登録で更新をチェックできます♪