■もぐ美ののんびり日記■


※この記事は対応等、監修を受けたものではありません。
熱中症は年齢や持病など、人により症状や対処法が異なります。
ご承知のうえ、個人の体験談としてご覧ください。

---------------------------------


私が初めて熱中症にかかった時の
お話を描いています。


私の症状は
・気持ちが悪い
・軽いふらつき
・熱っぽい(体に熱がこもった感じ)
・↑なのに汗はかいていない

でした。


どう対応したか
何が原因だったのか
今後注意すべき点…
などを絵日記を通して振り返っています。


---------------------------------


【前回までの記事】
熱中症でしんどかったお話1
熱中症でしんどかったお話2
熱中症でしんどかったお話3
熱中症でしんどかったお話4
熱中症でしんどかったお話5
熱中症でしんどかったお話6
熱中症でしんどかったお話7
熱中症でしんどかったお話8
熱中症でしんどかったお話9





そんな感じで私は体をしっかり冷やしたら
熱中症から回復しました。
でもこれはきっと、軽い熱中症だったからだと思います。
ラッキーだったんです。
改善しないようであれば病院へ行こうと考えていました。


経験して思ったのは
プールの時には45分に1回の一斉点検休憩の時に
毎回ちゃんと冷たい麦茶やスポドリ、
塩分(スナック菓子から)をとっても
ダメなんだな~ということでした。

でも私以外はならなかったことを考えると
私自身の体調や、もともとの体力や
まぁプールだけでなく寝室で寝ていて暑かったのが
決定的な要因だったのかもしれませんが…
対策はしていても
なるときはなってしまうんだなと思いました。

それが熱中症の怖いところだと痛感しました。



私の経験談と対策や学びが
少しでも参考になることがあれば…と思い描いてみました。
長らくお付き合いくださり、ありがとうございました。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

他の記事も、よかったら。

また、おまえか。(胃炎関連)


座っていただけなのに…!


パン屋で気づいた、みんなの無意識の行動



twitterやLINE登録で更新通知が届きます。